田中幹也のプロフィール

home

 

 

客観的自己評価

 

主要登山歴・冒険歴

1.登攀編

2.冒険編

 

関連記事

1.雑誌

2.単行本

3.季刊誌

4.新聞

5.講演

6.ラジオ出演

 

 

 

客観的自己評価 あくまで今現在における推測であり、今後数値が変化する可能性も充分に考えられる。

1.実行力

「飲んだ席で『死ぬ気でやればできる!』と豪語するクソ・オヤジ」を0として、「9・11のニューヨーク自爆テロの過激派」を100とすると、30くらい?

2.表現力

「三流雑誌に数回執筆した人」を0として、「18歳で芥川賞受賞の作家」を100とすると、0.5くらい?

3.社会的地位

「定年間際に年収一千万円の人」を0として、「事業をはじめてすぐに年収数千万円の有能な実業家」を100とすると、問題外?

4.登山

「日本三百名山達成」を0として、E・ロレタン=J・トロワイエの「エベレスト北壁39時間登頂(無酸素)」を100とすると、30くらい?

5.自転車

「オーストラリア横断5000km」を0として、戸田真人の「厳冬季アラスカ縦断1000km」を100とすると、30くらい?

6.カヤック

「ユーコン河下降1500km」を0として、E・ジレットの「太平洋横断3500km(アメリカ西海岸~ハワイ)」を100とすると、0くらい?

 

〔戻る〕

 

主要登山歴・冒険歴

〔1986~90年・登攀編〕

1984

4

 

神奈川県岩登り競技会(第2位)

1986

6

 

谷川岳・一ノ倉沢衝立岩・岳人ルート~雲稜第一~ミヤマ直上

 

 

10

 

谷川岳・一ノ倉沢・大槍右岩稜(第4登)

 

 

11

 

北アルプス・黒部奥鐘山西壁・左OCCルート

1987

1

 

北アルプス・穂高岳屏風岩東稜~前穂高岳北尾根~奥穂高岳~北穂高岳滝谷クラック尾根

 

 

3

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳坊主岩東壁・ノン‐プロブレム(冬季初登)

 

 

3

 

北アルプス・穂高岳屏風岩東壁パラノイア(冬季初登)

 

 

5

 

谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁・ディレッティシマ

 

 

7

 

谷川岳・一ノ倉沢衝立岩・オーバータイム(第3登)

 

 

9

 

北アルプス・黒部奥鐘山西壁・広島中央ルート

 

 

10

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳赤石沢Aフランケ・毒蜘蛛ルート(第3登)

 

 

10

 

北アルプス・黒部奥鐘山西壁・浦島太郎ルート(第3登)

 

 

12

 

谷川岳・一ノ倉沢衝立岩・オーバータイム(冬季初登)

 

 

12

 

北アルプス・黒部丸山東壁右岩稜フランケ・京都ルート(冬季初登)~右岩壁大凹角・蒼氷ルート(冬季初登)

 

 

12

 

北アルプス・黒部丸山東壁右岩壁・紅稜ルート(冬季初登)

1988

1

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳赤石沢Aフランケ・雪と岩の会Bルート(冬季初登) 

 

 

1

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳摩利支天東壁・左フェース(冬季初登)

 

 

5

 

北アルプス・黒部奥鐘山西壁・SSDDルート(初登)

 

 

8

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳坊主岩東壁・同志会ルート(第3登)

 

 

11

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳赤石沢Aフランケ・同志会左フェース(冬季第3登)

 

 

12

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳坊主岩東壁・同志会ルート(冬季初登)

 

 

12

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳坊主岩東北壁・川崎労山ルート(冬季初登)

 

 

12

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳摩利支天中央壁・北嶺ルート(冬季初登)

 

 

12

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳摩利支天中央壁・マイペンライ(冬季初登)

1989

2

 

北アルプス・黒部丸山東壁右岩壁・大凹角(冬季初登)

 

 

3

 

南アルプス・甲斐駒ガ岳坊主岩東北壁・下部氷壁(冬季初登)

 

 

5

 

北アルプス・黒部丸山東壁左岩稜フランケ・メイズ(第3登)

 

 

8

 

北アルプス・穂高岳屏風岩東壁・スペースマウンテン

 

 

10

 

ヨセミテ渓谷・エルキャピタン・ノーズ

1990

7

 

アルプス・グランドジョラス北壁

 

    1986年から1989年の4年間で谷川岳、甲斐駒ガ岳、黒部、欧州アルプスやヨセミテなどの岩壁を180ルート登攀。冬季初登10ルート。山行回数200回以上。

    より困難なアルパイン・クライミングを志していたが、才能がまったくないことを悟り断念。以後、水平指向の冒険に転向。

 

〔戻る〕

〔1991~2014年・冒険編〕 

1991

1

2

 

中国・タクラマカン砂漠旅行(外国人立入り禁止地域、無許可)

 

 

10

12

 

中国・南部貴州省山岳民族村探訪(外国人立入り禁止地域、無許可)

1992

3

4

 

中国・黒竜省旅行(外国人立入り禁止地域、無許可)、モンゴル人民共和国旅行

1993

6

8

 

オーストラリア・大陸横断(自転車5000km)

1994

1

2

 

タイ・北部山岳地帯(自転車2000km)

1995

1

 

 

 

 

北海道・天塩平原(ソリ200km)

 

 

7

8

 

アラスカ・ユーコン川(カヤック1400km)

 

 

9

12

 

カナダ北部・ノースウエスト準州(自転車8000km、厳冬季初走行)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北極海沿岸イヌビック~デンプスター・ハイウエイ~ホワイトホース~アラスカ・ハイウエイ~マッケンジー川流域~イエローナイフ〉

1996

3

5

 

カナダ北部・イエローナイフ~ジャスパー(自転車2500km、雪上生活2カ月)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈グレートスレイブ湖周辺〉

 

 

6

10

 

カナダ西部・ロッキー山脈・中部縦走(徒歩1500km、日本人最長距離)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈マウント・ロブソン山麓~バーグ湖~ロブソン峠~スネーク・インディアン峠~スナーリング川~ジャスパー~スカイライン・トレイル~

 

 

 

 

 

 

 

 

  マリーン湖~マリーン峠~ポボクタン峠~ブラゼウ湖~ブラゼウ川~カタラクト峠~カタラクト・クリーク~サンセット峠~ランパート

 

 

 

 

 

 

 

 

  クリーク~サスカチェワン・クロッシング~ボウ峠~モスキート・クリーク~モラー峠~スコキ渓谷~ベイカー湖~プルサティラ峠~

 

 

 

 

 

 

 

 

  ミスティック峠~バンフ~スプレイ湖~パリサー峠~アーレンビー峠~バンフ~チャイナマンズ・ピーク(2679m)北東壁~バンフ~

 

 

 

 

 

 

 

 

  スプレイ湖~Mt.アシニボイン(3610m)北稜~メイゴッグ湖~シタデル峠~サンシャイン・ ビレッジ~ヒーリー峠~ウィスリング峠~

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイン・レイク~モレン・レイク~センチネル峠~パラダイス溪谷~Mt.テンプル(3543m)南西稜~レイク・ルイーズ~テン・ピークス

 

 

 

 

 

 

 

 

  Mt.リトル(3140m)~Mt.ボウレン(3072m)~レイク・ルイーズ~レイク・オハラ~フィールド~タカカワ滝~Mt.フィールド(2635m)~

 

 

 

 

 

 

 

 

  アミスキ峠~ブルベリー川~ハウズ峠~ハウズ川~サスカチェワン・クロッシング~コロンビア大氷原~ジャスパー〉

 

 

11

12

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈・中部(自転車1500km、冬季日本人初踏破) 

1998

1

4

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈・中部縦走(山スキー500km、冬季単独初踏破) 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈バンフ~ミネワンカ湖~カスケード川~スノウ・クリーク・サミット~レッド・ディア川~レッド・ディア湖~スコキ渓谷~パイプストーン川~

 

 

 

 

 

 

 

 

レイク・ルイーズ~パイプストーン川~フィッシュ湖~ノース・モラー峠~モスキート・クリーク~ドロミテ・ピーク峠~ヘレン・クリーク~

 

 

 

 

 

 

 

 

ボウ湖~ボウ氷河~ワプタ氷原~ペイト氷河~ペイト湖~ミスタヤ川~サスカチェワン・リバー・クロッシング~ランパート・クリーク~

 

 

 

 

 

 

 

 

ノースサスカチェワン川~ヒルダ・クリーク~ナイジェル峠~ブラゼウ川~ブラゼウ湖~ポボクタン峠~マリーン峠~マリーン湖~

 

 

 

 

 

 

 

 

  スカイライン・トレイル~ジャスパー〉

1999

2

5

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈・南部縦走(山スキー800km、冬季単独初踏破) 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ボウ・レイク~モスキート・クリーク~ボウ川~レイク・ルイーズ~スコキ溪谷~Mt.スコキ(2696m)~Mt.フォーシル(2946m)~ボウ川~

 

 

 

 

 

 

 

 

バンフ~スプレイ川~スプレイ湖~パリサー峠~パリサー川~ノース・カナナスキス峠~カナナスキス湖~エルク峠~エルク川~

 

 

 

 

 

 

 

 

  エルクフォード~ブル川~サルファー・クリーク~ハートリー峠~ファーニ~コール・クリーク~コール・クリーク峠~クロウスネスト峠~

 

 

 

 

 

 

 

 

  ピンチャー・クリーク~キャッスル川~バウエルマン・クリーク~ウォータートン・レイクス国立公園〉

2001

2

3

 

カナダ東部・ラブラドル半島横断(自転車1200km、厳冬季車初踏破)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ケベック州ベ・コモー(セントローレンス川)~ラブラドル州ラブラドル・シティ~チャーチル・フォール~グース・ベイ(大西洋)〉

2002

1

5

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈・南部~中部縦走(山スキー1200km、冬季単独初踏破)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ファーニ~コール・クリーク~コール・クリーク峠~テント・マウンテン~クロウスネスト峠~アレクサンダー・クリーク~グレイブ湖~

 

 

 

 

 

 

 

 

  フォールディング川~エルクフォード~エルク川~エルク峠~カナナスキス~スプレイ・トレイル~スプレイ湖~バンフ~ミネワンカ湖~

 

 

 

 

 

 

 

 

  カスケード川~スノウ・クリーク・サミット~レッド・ディア川~レッド・ディア湖~スコキ渓谷~レイク・ルイーズ~レイク・オハラ~

 

 

 

 

 

 

 

 

  フィールド~アミスキ川~アミスキ峠~ブルベリー川~ハウズ峠~ハウズ川~サスカチェワン・クロッシング~ノースサスカチェワン川~

 

 

 

 

 

 

 

 

  ノースサスカチェワン川~ヒルダ・クリーク~ナイジェル峠~ブラゼウ川~ブラゼウ湖~ポボクタン峠~マリーン峠~マリーン湖~

 

 

 

 

 

 

 

 

  スカイライン・トレイル~ジャスパー~スナーリング川〉

2003

2

 

 

 

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈(山スキー200㎞)

2004

6

 

 

 

 

北欧・ノルウエイ(徒歩200km)

2005

4

 

 

 

 

カナダ西部・冬季ロッキー山脈(山スキー200㎞)

2006

3

4

 

カナダ中央大平原・ウィニペグ湖南部縦断(山スキー300km)

2007

1

3

 

カナダ中央大平原・ウィニペグ湖南部縦断(山スキー400km)

2008

1

4

 

カナダ中央大平原・南部縦断(自転車1200km・厳冬季初走行)

 

 

 

 

 

 

 

 

*両足指に重度の凍傷。両足親指の壊死部分3分の1を切断

2009

2

4

 

カナダ中央大平原・北部縦断(自転車900km・厳冬季初走行)

2010

2

 

 

 

 

カナダ中央大平原・北部縦断(自転車800km・厳冬季初走行)

 

 

 

 

 

 

 

 

*足指凍傷の余波により、両ヒザ半月板損傷、腰損傷

2013

2

 

 

 

 

カナダ中央平原・ウィニペグ湖(山スキー200㎞)

 

 

 

 

 

 

 

 

*顔面凍傷により、一時的に失明

2014  

2

 

 

 

 

カナダ中央平原・ウィニペグ湖(山スキー100㎞)

 

 

 

 

 

 

 

 

*ある出来事がきっかけで、20年間におよぶ厳冬カナダのエクスペデフィションに見切りをつける

 

    1995年から2014年の20年間で厳冬カナダにおける平原や山脈をスキー、徒歩、自転車で合計2万2000㎞踏破。初踏破記録多数。

    より困難な厳冬カナダのエクスペデフィションを志していたが、2014年冬のある出来事がきっかけですべてが終わる。20年間におよぶエクスペディションに見きりをつける。以後、企画していた厳冬カナダのエクスペディションをいっさい放擲する。

 〔戻る〕

関連記事

 1.雑誌

・『山と溪谷』(山と溪谷、2015年01月号) 「単独行者の世界を知る10冊」

・『PEAKS』(枻出版、2014年12月号) 「書評『北緯66.6°』」

『PEAKS』(枻出版、2014年10月号) 「Because it is there...」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2014年07月号) 「書評『地図のない場所で眠りたい』」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2014年02月号) 「厳冬カナダに魅せられた19年間」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2013年08月号) 「書評『クライマー魂』」 http://www.yamakei.co.jp/products/2813955080.html

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2013年01月号) 「『厳冬期百名山』という試み」 http://www.yamakei.co.jp/products/2812900933.html

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2012年05月号) 「残雪の槍・穂高を遊びつくせ!」 http://www.yamakei.co.jp/products/2812900925.html

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2012年03月号) 「心に残る単独行の本」 http://www.fujisan.co.jp/product/5812/b/753511/

・『PEAKS』(枻出版、2012年02月号) 「雪山の厳しさを学んだ失敗談」

・『BE-PALl』(小学館、2012年02月号) 「体感温度-80度C! カナダ大雪原人力の旅」 http://yusukeishida.jugem.jp/?eid=1202

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2011年03月号) 「海外登山/クライマーのお食事」 http://www.fujisan.co.jp/product/5812/b/511812/

・『CYCLE SPORTS』(八重洲出版、2008年12月号) 「厳冬カナダ自転車旅」

・『ROCK&SNOW』(山と溪谷社、2005年冬号) 「カナディアン・ロッキー トンキンバレー一週」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2004年3月号) 「表現としての登山」 

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2003年8月号) 「ADVENTURE REPORTS―登攀から冒険へ、そして再び登攀へ」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、2003年3月号) 「果てしなき雪原―積雪季カナディアン・ロッキー単独山スキー縦走1200km」

・『ROCK&SNOW』(山と溪谷社、2001年秋号) 「ロッキーの前衛峰Mt.ヤムナスカでクライミング」

・『Auto Camper』(八重洲出版、2001年8月号) 「20世紀の子供遊び」

・『岳人』(東京新聞出版局、2000年2月号) 「カナダ縦断人力移動1万5千キロの旅」

・『岳人』(東京新聞出版局、1997年12月号) 「カナダ人力縦断1万4千キロ」

・『岳人』(東京新聞出版局、1995年6月号) 「山も旅も可能性に対する信仰」

・『アウトドアー』(山と溪谷社、2000年11月号) 「夢の放浪者」

・『アウトドアー』(山と溪谷社、1999年10月号) 「曠野のものローグ」

・『アウトドアー』(山と溪谷社、1997年11月号) 「九里徳泰の新冒険論」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、1999年8月号) 「単独行の魅力」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、1996年8月号~97年3月号) 「北米大陸気まぐれひとり旅・後編」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、1995年8月号~96年3月号) 「北米大陸気まぐれひとり旅・前編」

・『岳人』(東京新聞出版局、1995年6月号) 「新進クライマー列伝―山も旅も可能性に対する信仰」

・『山と溪谷』(山と溪谷社、1995年2月号) 「山のアルバムから―単独行の自由な精神を求めて」

・『山と溪谷』(山と溪谷、1994年6月号) 「オーストラリア大陸横断4200キロ」

・『クライミングジャーナル』(白山書房、1990年1月号) 「今どきのアルパイン・クライミング」

 〔戻る〕

2.単行本

・『目で見る日本登山史』(山と溪谷社、共著、2005年11月) 編纂

・『達人の山旅1』(みすず書房、共著、2005年8月) 「カナディアン・ロッキー冬季単独縦走」

・『山が教えてくれた100のよろこび』(山と溪谷社、共著、2004年3月) 「冬季カナダの旅」

・『冒険者 忘れ得ぬ一言』(NHK出版、黒田麻由子著、2003年9月) 「恐怖心があったから生き延びた」 

・『冒険人類学』(角川書店、九里徳泰著、2001年4月) 「これが命懸け? 誇張と気負い」

・『彼ら挑戦者』(東京新聞出版局、大蔵喜福著、1997年3月) 「山も旅も可能性に対する信仰」

  〔戻る〕

3.季刊誌

・『植村冒険館15年の歩み』(植村記念財団、2008年1月発行) 「地球に挑戦」

・『ペダリアン』(日本アドベンチャー・サイクリストクラブ季刊誌、2004年4月発行) 「冬季カナダの魅力」

・『ペダリアン』(日本アドベンチャー・サイクリストクラブ季刊誌、2003年7月発行) 「愛すべきカナディアン・ロッキー」

・『OUTWARD』(モンベル・クラブ季刊誌、2002年9月発行) 「今月号のクローズアップ-田中幹也」

・『ペダリアン』(日本アドベンチャー・サイクリストクラブ季刊誌、2001年10月発行) 「カナダ・ラブラドル半島千400km踏破!」

・『ペダリアン』(日本アドベンチャー・サイクリストクラブ季刊誌、2001年1月発行) 「雪と氷の大地に思いを馳せる」

・『アドベンチャー・フォーラム』(植村直己冒険館季刊誌、2000年4月発行) 「地球に挑戦」

・『The Earth』(ICI石井スポーツ・カタログ、2000年4月発行) 「厳冬期のカナダを人力縦断」

 〔戻る〕

4.新聞

・『Interlake Spectator』(カナダのマニトバ州の新聞、2011年2月10日) 「To the extreme」

 http://www.interlaketoday.ca/2011/02/10/japanese-adventurer-braves-frozen-lake

・『読売新聞』(2011年1月9日) 「都会の「絶壁」を磨く」

・『Thompson Citizen』(カナダのマニトバ州の新聞、2009年4月1日) 「Bicycle,icicles,noodles and frostbite」

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、2008年5月15日) 「極寒のマニトバを自転車で1100キロ」

 http://www.v-shinpo.com/08maple/20maple/maple.html

・『The Reminder』(カナダのマニトバ州の新聞、2008年4月2日) 「Northern winter no match for adventure」

・『Opasquia TIMES』(カナダのマニトバ州の新聞、2008年3月26日) 「Tanaka continues bicycle trek to Lynn Lake」

・『Opasquia TIMES』(カナダのマニトバ州の新聞、2008年3月5日) 「Japanese adventure here another week」

・『Opasquia TIMES』(カナダのマニトバ州の新聞、2008年2月29日) 「Samurai cyclist braves vicious winds and cold」

・『Interlake Spectator』(カナダのマニトバ州の新聞、2008年2月15日) 「Tanaka returns to Manitoba」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年10月上旬号) 「私のお勧め・カナダのベスト3」 http://www3.telus.net/banfftimes/258/258banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年9月下旬号) 「続・名もなき挑戦者たち」 http://www3.telus.net/banfftimes/257/257banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年8月下旬号) 「不思議な充足感」 http://www3.telus.net/banfftimes/255/255banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年8月上旬号) 「アウトドアの秘訣教えます」 http://www3.telus.net/banfftimes/254/254banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年7月下旬号) 「白夜の自転車旅」 http://www3.telus.net/banfftimes/253/253banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年7月上旬号) 「自転車旅へ行こう!」 http://www3.telus.net/banfftimes/252/252banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年6月下旬号) 「三食昼寝つきの旅」 http://www3.telus.net/banfftimes/250/250banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年6月上旬号) 「ノルウエイの山旅」 http://www3.telus.net/banfftimes/251/251banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年5月下旬号) 「五月の晴れた空」 http://www3.telus.net/banfftimes/249/249banfftimes.htm#sin

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年4月下旬号) 「アイス・フィッシング・マラソン」 http://www3.telus.net/banfftimes/247/247banfftimes.htm

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、2007年4月12日) 「冬季カナダに魅せられて」 http://www.v-shinpo.com/07maple/15maple/maple.html

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年4月上旬号) 「冬季ウィニペグ」 http://www3.telus.net/banfftimes/246/246banfftimes.htm#news5

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年3月下旬号) 「屈託のない笑顔」 http://www3.telus.net/banfftimes/245/245banfftimes.htm#column5

・『Interlake Spectator』(カナダのマニトバ州の新聞、2007年3月9日) 「adventure returns to Lake Winnipeg」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年3月上旬号) 「越えねばならぬ壁―オーストラリア自転車横断編」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年2月下旬号) 「装備の話」 http://www3.telus.net/banfftimes/243/243banfftimes.htm#column5

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年2月上旬号) 「冬のアクティビティ」 http://www3.telus.net/banfftimes/239/239banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2007年1月下旬号) 「満天の星空」 http://www3.telus.net/banfftimes/241/241banfftimes.htm#column5

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年12月上旬号) 「冬のアクティビティ」 http://www3.telus.net/banfftimes/239/239banfftimes.htm#column5

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年11月上旬号) 「旅ときどき引き篭もり」 http://www3.telus.net/banfftimes/238/238banfftimes.htm#column5

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年10月下旬号) 「グルメの旅!?」 http://www3.telus.net/banfftimes/237/237banfftimes.htm#column1

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年10月上旬号) 「やさしい時間」 http://www3.telus.net/banfftimes/236/236banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年9月下旬号) 「感性は事実を歪める」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年9月上旬号) 「理論より直感」 http://www3.telus.net/banfftimes/234/234banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年6月下旬号) 「情報なんてきっかけにすぎない」 http://www3.telus.net/banfftimes/229/229banfftimes.htm

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、2006年5月25日) 「冬季ウィニペグ湖300キロ・スキー踏破 冒険家・田中幹也さん」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年5月上旬号) 「将来どうするの?」 http://www3.telus.net/banfftimes/226/226banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年3月下旬号) 「究極の宿」 http://www3.telus.net/banfftimes/223/223banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年3月上旬号) 「雪原の記憶」 http://www3.telus.net/banfftimes/222/222banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2006年2月上旬号) 「理想は永遠に近づかない」 http://www3.telus.net/banfftimes/220/220banfftimes.htm

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2005年6月上旬号) 「果てしなき挑戦」 http://www3.telus.net/banfftimes/206/banfftimes206.htm

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、2005年3月3日) 「厳冬のロッキー山脈を単独で縦走 冒険家・田中幹也さん」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2005年3月下旬号) 「生きている証を求めて」

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、2002年6月27日) 「積雪季カナディアン・ロッキー単独縦走2200kmを目指して」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2001年1月上旬号、下旬号、3月下旬号) 「厳冬期ラブラドル半島自転車踏破記」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、2001年4月下旬号) 「自信とは…」

・『THE LABRADORIAN』(カナダのラブラドル州の新聞、2001年3月12日) 「An Adventure For All Seasons」

・『THE TELEGRAM』(カナダのラブラドル州の新聞、2001年3月8日) 「Cyclist Ends Trans-Labrador Trek」

・『THE LABRADORIAN』(カナダのラブラドル州の新聞、2001年3月5日) 「Japanese Adventure To Arrive By Bicycle」

・『THE AURORA』(カナダのラブラドル州の新聞、2001年2月26日) 「Japanese Adventure Arrives in Labrador West Via Bicycle」

・『THE WESTERN STAR』(カナダのラブラドル州の新聞、2001年2月21日) 「Adventure Tackes Labrador Wilderness On Bike」

・『LE TRAI TD'UNUON DU NORD』(カナダのケベック州の新聞、2001年2月24日) 「Un Japonais Fait Le rajet Baie-Comeau~Goose Bay」

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、1999年6月17日) 「カナダ縦断14000キロのゴール」

・『THE FREE PRESS (カナダのファーニの新聞、1999年5月11日) 「Solo Adoventure Treks Through Ferni」

・『バンクーバー新報』(カナダの日系新聞、1999年1月28日) 「厳冬期カナディアン・ロッキー単独縦走」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1997年9月上旬号) 「したたかな日本の女性たち」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1997年8月下旬号) 「アウトドアの原点」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1997年8月上旬号) 「自転車旅のすすめ」

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1997年5月上旬~7月下旬号) 「再びジャスパー」連載

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1997年2月上旬~4月下旬号) 執筆「遠すぎたジャスパー」連載

・『バンフタイムズ』(カナダの日系新聞、1998年1月上旬号) 「再びロッキーへ」

・『YELLOWKNIFER』(カナダのイエローナイフの新聞、1996年4月5日) 「Back For More」

 

 〔戻る〕

5.講演

・『植村直己冒険賞・記念講演会』(2014年6月) 「厳冬季カナダを生き抜く ~雪と氷の2万2千キロ踏破~」・『地平線会議報告会』(2014年5月) 「冒険の先っぽ」

・『ドルフィン・フェスティバル1212』(2010年12月12日) 「厳冬カナダ縦断」 http://ameblo.jp/lefteye94/entry-10735000408.html

・『地平線会議報告会』(2006年6月) 「冒険の影と光」

・『モンベル神戸三ノ宮店・報告会』(2004年12月) 「厳冬季カナダ縦断2万キロ―山スキー、徒歩、自転車による極北の山旅」

・『モンベル渋谷店・報告会』(2004年10月) 「厳冬季カナダ縦断2万キロ―山スキー、徒歩、自転車による極北の山旅」

・『地平線会議報告会』(2000年6月) 「冒険は何時頬を濡らす?」 http://www.chiheisen.net/_hokokukai/_hk2000/hkrp0006.html

・『ジャパン・フロンティア&マウンテニアリング・アソシエイション報告会』(1997年7月) 講演&スライド上映「カナダ13000キロ人力踏破」

・『地平線会議報告会』(1997年3月) 「情報の枷を逃れて」 http://www.chiheisen.net/_hokokukai/_hk97/hkrp9703.html

 

 〔戻る〕

6.ラジオ

・『Bayfm78』(2012年2月18日) 「Flintston」 http://www.bayfm.co.jp/flint/f20120218.html

・『CBC放送』(カナダのマニトバ州、2008年3月12日) 「厳冬季マニトバ州自転車旅」

・『CBC放送』(カナダのマニトバ州、2006年4月11日) 「厳冬季ウイニペグ湖スキー踏破」

・『CBC放送』(カナダのマニトバ州、2006年3月14日) 「厳冬季ウイニペグ湖スキー踏破」

・『FM湘南』(2002年6月28日) 「ユニークな冒険家」

・『CBC放送』(カナダのラブラドル州グース・ベイ、2001年2月放送) 「厳冬季ラブラドル半島自転車横断」

・『CBC放送』(カナダのラブラドル州ラブラドル・シティで収録、2001年2月放送) 「厳冬季ラブラドル半島自転車横断」

〔戻る〕

 

〔Homeに戻る〕